<実験状況>

甲斐けもの社中では、去年度被害軽減効果を出したサル位置情報メールお知らせサービスの利便性向上と、一昨年度からのGPS発信機運用ノウハウを合わせ、今年度、GPS発信機を用いた位置情報サービスの開発を行っています。この事業は株式会社サーキットデザイン様のご協力のもと行っております。

今日は先月発信機を装着した群れの位置確認、電波到達距離の確認、装着後からのデータダウンロードを行いました。GPS測位の精度も上々で、距離もしっかり飛んでおり、十分実用レベルまでなってきました。今後、付近の群れにも装着し、テレメトリ調査の自動化を夏までに作っていきます。

獣害対策はモノ任せにするのではなく、人が意識して行うことが効果的です。サルの位置を先に知って追払いする、それだけでも効果が出ることを去年実証しました。
「より多くの住民が、より参加しやすく」そのために技術で地域で動く人をバックアップすることが対策支援団体としてできることだと認識しています。